フツーの主婦が日々感じているイロイロなことを綴ります                                 ダンナ 1人   娘 2人(小6・小3)      ねこ 1匹


by kinako1226
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:小説・絵本( 37 )

ちょっと遅くなりましたが…
3学期の読書週間で今年度最後の読み聞かせをしました。
いろはのかるた奉行
長谷川 義史 / / 講談社

江戸のいろはかるたを子供に分かりやすく且つおもしろく解説しています。
そして、現代のいろはかるたを奉行が考えて紹介している絵本です。

知っているようで意外と知らなかった「いろはかるた」の意味。
へぇ、こんな意味だったんだぁと思ったり、親父ギャグ風の現代のいろはかるたは長谷川さの絵にぴったりで子供たちには大うけでした。2年生、3年生、6年生のクラスで読みましたが低学年の反応はいいのは当たり前ですが6年生も「クスッ」と笑う声がきこえました(^^)
「い」から順番に「京」まで紹介されているので全部を読むのは当然時間的にムリですので
子供たちが喜びそうなもの、興味をもちそうなものを選んで読みました。時間調整にはぴったりです。



しあわせなブタ
パトリク ルーカス / / ほるぷ出版

あるブタのお嬢さんが(ブタをお嬢さんというところが素敵です)ソーセージになりたくなくてオペラ歌手になるところから物語りは始まります。
お嬢さんは歌手として大成功を収めますが幸せではありませんでした。でもある時、素敵なオオカミに出会います。さてブタのお嬢さんは幸せになれたのでしょうか。

ぶたさんが食べられるのが嫌でオペラ歌手になってしまうというのが現実的なのか非現実的なのか不思議な世界で笑えます。そしてぶたさんが恋をする相手がオオカミというのもおもしろですね。
絵は正直言って私の好みではありませんがゴッホの絵が2箇所小さくでてくるところがあるのですがこれが実に綺麗に描かれていてちょっと感激してしまいました。
と、私としてはかなり気に入っている絵本ですが相手は卒業間近の6年生、どう感じてくれたでしょうか。


今年もサークルのメンバーと協力して読み聞かせができたのはとても嬉しいです。
そしていつも静かに聴いてくれる子供たちに感謝です(^^)

さて、来年度は新しいメンバーが増えるでしょうか?
どの学校も同じような悩みはあるようですが…一人でも二人でも増えてほしいものです。
仕事をもつお母さんが増えている今、難しいのかなぁ。
[PR]
by kinako1226 | 2007-03-25 13:29 | 小説・絵本

読書週間 その2

読み聞かせに使った絵本を二冊紹介します。
どうぶつ句会
あべ 弘士 / 学習研究社

白いフクロウの「雪野 袋」さんをはじめ鳩・キツネ・ゾウ・カワウソ・ハリネズミの6匹の動物たちが四季を通して俳句を披露してくれる絵本です。

始めに句会の代表の「雪野 袋」さんが俳句の説明を簡単にしてくれるので俳句をしらない子供たちでも大丈夫。「えっ、これって俳句?」というようなものも多々あるけど、だからこそ「私にもできるかも?!」って気分にさせてくれます。2年生の次女でも作ってました(^^)あべ弘士さん独特の愛嬌ある動物と四季の絵が面白いですよ。


そして以前から使ってみたいと思っていたbon-bon-hirobonさんの「ちいさなザマミロ」も読んでみました。
聞き手は二人の子供でしたが周りがちょっと騒がしかったにもかかわらず集中して聞いてくれました。ただ休み時間終了のベルが鳴ってしまったので最後があわただしくなってしまいました(-_-;)次回、また読んでみます!
サークル仲間には「家族全員がモンスターだった!」というのがとてもうけて「絵本になればいいのにねぇ」と言ってました。



今学期の読み聞かせは「時間切れ」が多くてすごく反省してます(-_-;)
[PR]
by kinako1226 | 2006-11-24 12:21 | 小説・絵本

読書週間 その1

2学期の読書週間が終わりました。
今回も何度か読み聞かせをさせてもらいましたが
その中から2冊紹介します。
えんぴつはかせ
山岡 ひかる / 偕成社

まさるの持っているえんぴつがある日、勝手に動いて計算をしたり漢字を書いたりするようになった!
えんぴつは自分のことを「はかせ」と読んでほしいと言う。
最初は勉強しなくてすむと喜んだまさるだが次第に「はかせ」と一緒に勉強するようになり楽しくなってきた。
ところが気がつくと鉛筆である「はかせ」は短くなっていた。このままでは「はかせ」は無くなってしまう。
悩んだまさるはお母さんに相談するが…

4年生と5年生で読んだのですが、小さな絵本のわりには字が多くて結構時間がかかりました。予定時間内に終わらず授業開始のベルがなってしまいあせってしまったので余韻の残る読み聞かせができなかったのが残念でした(T_T)時間配分を誤ってしまって…こどもたちごめんなさい。
でも「えんぴつはかせ」とまさるの掛け合いがおもしろくてクスッと笑ってもらえて良かったです。



ふゆじたくのおみせ―おおきなクマさんとちいさなヤマネくん
ふくざわ ゆみこ / 福音館書店

大きなクマさんと小さなヤマネくんの友情物語のシリーズ。
クマくんとヤマネくんが住むところに冬支度のお店がオープンし、大きなセーターと小さなチョッキが売られていました。
それを見たクマくんはヤマネくんにチョッキを、ヤマネくんはクマくんにセーターをプレゼントしようと密かに思いました。
それぞれのプレゼントを買うためにどんぐりを集めるクマくんとヤマネくん。果たしてどんぐりは上手く集められたのでしょうか…

次女のお気に入りの絵本です。
絵がとても丁寧に細かいところまで描かれていて何度見ても楽しいです。
クマくんとヤマネくんのお互いを思いやる気持ちが素敵ですね。
大きめの絵本なので読み聞かせには最適かなと思って1年生で読みました。皆静かに集中して聞いてくれました(^^)
[PR]
by kinako1226 | 2006-11-22 18:26 | 小説・絵本

あじさい読書週間

1学期の読書週間の読み聞かせが終わりました。
今回私の担当は娘達のいる5年生と2年生と1年生です。(娘は2年と5年だけです)

ゆーらりやさんの学校での読み聞かせで紹介されていた『あかちゃんてね』を絶対読むぞ!!と何週間もまえから意気込んでいました。
ところが、読み聞かせの前の週にコレが「課題図書」に指定されたのがわかって大ショック!!

案の定、先生が課題図書になったので授業中に読み聞かせしたそうです(T_T)
小さな兄弟がいるであろう1年生に読み聞かせするのを楽しみにしてたのに…
でも、2年生と5年生にはしっかり読んであげられたのでよかったわ♪

赤ちゃんが生まれてから1年間の成長を綴った写真絵本なのですが
へその緒が黒いところがどの学年でも興味津々でした(笑)
ウチの長女は赤ちゃんって可愛いねぇ、この詩のような文章がいいなぁといってすっごく気に入っってました(^^)

ふしぎなナイフ
中村 牧江 林 健造 福田 隆義 / 福音館書店



もう一冊、これまたゆーらりやさんも読まれた事がある『ふしぎなナイフ』を読みました。
タダのナイフがいろいろな形にかわっていくのですが、どの学年もすごく喜んでくれました\(^o^)/
5年生くらいになると無反応な事が多いのですが長女のクラスは「へぇ~」とか「うわぁ」とか素直に反応してくれて楽しかったです♪クラスがのびのびしてる証拠ですよね。


後、20分間の休憩時間にも図書室の側で読み聞かせをさせてもらうのですが
いつもは4,5人なのにその日は20人以上の子ども達がきてビックリでした(@_@)
なので予定していたhirobonさんの『ちいさなザマミロ』は読めませんでした。hirobonさんごめんなさいm(__)m次回また挑戦してみますね。

今回はブログで紹介されていた絵本をたくさん使わせてもらいました。
本当に便利な世の中だわ~
絵本の紹介されている方々、ありがとうございましたm(__)m
[PR]
by kinako1226 | 2006-06-16 11:54 | 小説・絵本

やっぱりハマった?!

また、暫くブログをさぼってしまいました(^_^;)
原因は…本読んでました。今、話題の「ダヴィンチ・コード」です。

映画が公開されてから益々本の売り上げが上がったらしい。
今話題のモノは読みたくないというへそ曲がりのkinakoですが
今回はFMラジオのDJが「凄く面白い」と言った一言で読み始めてしまいました(笑)
図書館の予約は142人待ち…ブック・オフで買いました。

ええ、勿論面白かったですよ。
スピード感ある話で歴史の勉強もできて「ええっ!(@_@)」というどんでん返しもあって
最後まで謎解きが丁寧に書かれていてね。
でもねぇ、コノ程度のミステリーなら他にも沢山作品はあるのに何故この「ダヴィンチ・コード」はここまで売れたんでしょうね。やっぱり題材が宗教ってことで世界中の関心を集めやすかったのかしら。
と、偉そうに批評してますが結局PCを開く暇もないほど読んでいたという事は
私も間違いなくこの本の魅力にはまってしまったと言う事ですね(笑)

今はダンナさんが読んでいる最中。
本の内容がバラしたくて仕方がありませ~ん(爆)
[PR]
by kinako1226 | 2006-05-31 11:39 | 小説・絵本

届きました~(^^)

hirobonさんが描いた創作絵本「ちいさなザマミロ」のCDを買いました♪
b0025066_1311786.jpgザマミロちゃんのイメージソングが2曲と作者のhirobonさんの生声(そんな言い方するかな?)での朗読がはいっているCDです。プラス、ミニ絵本が入ってました。

本当はですね…絵本が欲しかったのですが(^_^;)
でもね、このザマミロちゃんの曲、とても素敵なんです♪
歌声もメロディーもすごく心地よい感じで、聴いているとなんだか優しい気持ちになれるんですね。歌詞をきいてると「ザマミロはこんな女の子なんだぁ、可愛いなぁ」と思って益々好きになってしまいました(#^.^#)
それと、ブログだけのお付き合いの人の声が聞けるなんてなんだか不思議な感じです。とっても優しい声で意外でした(ゴメンナサイ)いつも図書館などで子ども達に読み聞かせしていらっしゃるだけあってゆっくりとした調子でお上手でした(^^)
絵本ファンにとって作者に読み聞かせしてもらえるなんて最高の贅沢です!!
次女も「これ、ブログの人?へぇ~~~」と興味津々でした(笑)

ザマミロちゃんの次回作も期待していますよ\(^o^)/
[PR]
by kinako1226 | 2006-05-22 13:31 | 小説・絵本
おじいさんがかぶをうえました―月刊絵本「こどものとも」50年の歩み
福音館書店編集部 / 福音館書店

こどものとも創刊50周年を記念してつくられた本です。
今まで発刊された本を昔話、字のない絵本、乗り物etc分類別で紹介したり
絵の描き方の紹介、絵本誕生秘話などが掲載されています。
これまた『こんにちはおてがみです』同様、こどものともファンには溜まらない一冊でした。

こどものともは一口に「絵本」と言っても字のない絵本や抽象的な絵、シュールな絵、写真、立体造形など実にさまざまな表現形態があるんだなぁ感心しました。。
また昔話でも日本のものは勿論、海外のものもたくさんあって驚きました。

沢山読んできたつもりでもまだまだ知らない作品があります。
これからも楽しみに読んで行きたいですね(^^)
[PR]
by kinako1226 | 2006-05-10 19:45 | 小説・絵本

夜更かしの原因

エラゴン 遺志を継ぐ者―ドラゴンライダー〈1〉
クリストファー パオリーニ Christopher Paolini 大嶌 双恵 / ソニーマガジンズ

私がブログをサボってしまったもう一つの原因はコレ。

去年の12月に本屋さんでこの本の2巻を目にして(表紙は茶色のドラゴンでした)
なんかカッコイイ表紙だなぁと記憶してたんですけど
その後、読み聞かせ仲間が面白いと言っていたのを思い出して読み出した本です。

純粋なファンタジーです。作者は指輪物語を読んで育ったというだけあって
この物語も指輪物語の影響をかなり受けてるなぁという感じです。
魔法使いは本名を明かしてはいけないという点では「ゲド戦記」や「バーティミアス」にも似てるなぁと思いました。
内容は簡単に言えばエラゴンという15歳の少年がドラゴンの卵を手にしたことをきっかけにドラゴンに乗って悪と闘う伝説の戦士ドラゴン・ライダーになって国を救うという冒険ファンタジー。
どの小説を読んでいても「ちょっとここはつまんないなぁ」ってところがあるんだけど
コレはどこをとっても面白い!!
謎の部分があちこちにあってそれが小出しに明らかにされているので
そろそろ子供が帰ってくる時間だから辞めなきゃと思ってもなかなか辞められない(>_<)
辞書のように分厚い本でもってるのが重かったけどたっぷり楽しめました!!

で、これがまだ続きモノだってのが嬉しい(^^)
いつものように図書館にリクエスト中。
来年映画化決定らしいけど幸い予約人数が少ないので直ぐ回ってきそうだわ♪

それにしても最近、本がそのまま映画になるのって多いですねぇ。
オリジナルで脚本つくるより当たる確立が多いからかしら?!話題にもなるしねぇ…
今はCGがあるから不可能な映像はないものね。
自分が読んだ本が映像化されるのは楽しみです。
でも、期待は裏切らないでねってとこですかね(笑)

もう一つ余談ですが…
長女が「日本ではドラゴンって竜と言われていて妖怪でさぁ、マンガ日本昔話のイメージでちょっと恰好悪いけど、外国ではドラゴンって言われていて凄くカッコイイイメージだよね」と言っておりました。
なるほど~、そういわれてみればそうねぇ…同じモノなのに随分違うなぁ(笑)
[PR]
by kinako1226 | 2006-04-21 11:34 | 小説・絵本

ついに入手!! (大人編)

バーティミアス 3 プトレマイオスの門
ジョナサン・ストラウド 金原 瑞人 松山 美保 / 理論社
去年の12月に図書館で予約した本がやっと借りられました(^^)

でも…
月曜日は卒業式なので今日は1時間短縮授業。
来週は休みがあるし3時間授業が2日で後は修了式。
一人でゆっくり読書をする時間なんてほとんどないじゃな~い(>_<)
本、私の後も予約がいっぱい入ってるからキッチリ2週間しか借りられない。

この本、分厚いのよねぇ~
寝不足になるしかない…ね(^_^;)
と、いうことで暫くブログお休みするかもしれませんm(__)m
[PR]
by kinako1226 | 2006-03-17 20:27 | 小説・絵本

お手紙きました♪

b0025066_23502235.jpgゆーらりやさんに教えていただいた
こんにちはおてがみです
を購入しました(^^)

実はこの絵本、我が家の近くの図書館ではバラバラにして壁に掲示されていました。
それを娘と読み聞かせサークルの友人親子とで見てとても感動していたんです。

内容は絵本作家さん10人が書いた10通のお手紙なのですが
これは「こどものとも」の50周年記念に福音館が特別に図書館に送った手紙なのかと思っていて
「これが本になっていたらいいのにねぇ~」とため息をついていたんです。
そしたらゆーらりやさんがご紹介されていたので即、購入しました(^^)
アマゾンで買ったので本当に「郵便でーす!」って感じで娘達も大喜び♪

「こどものとも」ではお馴染みのお話の主人公たちがお手紙を書いているのですが
どれもこれも工夫がしてあって本当に楽しいんです。
巻末の”おたのしみページ”にはたくさんのお話のキャラクターがのっていて
「あっ!これは○○だ!」「こっちは△△だよねぇ」「これは幼稚園で読んだ××だよ」とほとんど見た事あるものばかりで何時まで見ていても飽きないんですよね。
毎晩、何気なしに読んであげていた本にこうしてまた出会えるなんてとっても嬉しいです。
それを子供たちと楽しむ事ができるなんて本当に素敵ですよね♡

子供たちに本を読んであげて本当によかったなぁ(^^)
この本は我が家の宝物です!
[PR]
by kinako1226 | 2006-03-15 00:13 | 小説・絵本