フツーの主婦が日々感じているイロイロなことを綴ります                                 ダンナ 1人   娘 2人(小6・小3)      ねこ 1匹


by kinako1226
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2006年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ある日のあんこ

b0025066_1241622.jpg
足、美味しいですか? 水虫はないですケド。




b0025066_12435019.jpg
その猫、気になりますか? あんちゃんよりデカイよねぇ




b0025066_12452257.jpg
そんな所でよく眠れますね? しっぽがちょっと邪魔ですが。
[PR]
by kinako1226 | 2006-11-29 12:47 | ね こ

食わず嫌い

b0025066_12254740.jpg次女が学校で干し柿を作ってきました。

小さい頃は偏食が激しくて
小学生で母親を亡くした私の食生活はとても悲惨なものだったと思います。
だからこの年になっても食べたことない物や知らない食材が沢山あるんです(-_-;)
干し柿もその一つ。

次女は嬉しそうに「美味しいんだよ♪」とくれたのですが…
「見た目がイヤだなぁ、食べたくないな」と暫くそのままにしてました。
でもあまりに次女が悲しそうな顔をするので勇気を持って食べてみると………

あらっ、以外に甘くて美味しいのね(^^)

食べず嫌いはいけません!!
なんでも食べて風邪をひかないように冬をのりきりましょう\(~o~)/
[PR]
by kinako1226 | 2006-11-29 12:37 | わたし

安全地帯

b0025066_16562045.jpg「あんこ」は子供だけど人間の子供は嫌いです。

夕方、娘たちの友達が遊びに来ると
食器棚の上に逃げていきます。
そこはホコリだらけだよ~
「あんこモップ」になっちゃうよ(^_^;)

でも、動物好きの小5の女の子が
猫じゃらしを振るとちょっとづつ近づいてきて結局膝の上にのったりするんですけどネ♪
[PR]
by kinako1226 | 2006-11-27 17:11 | ね こ

やめてぇ~~!

これ、小鳥の作り物だったんです。かわいそうでしょ~~(T_T)
b0025066_22203177.jpg
まぁ、誰がやったか想像はつくと思いますが…

犯人は…コイツ!
[PR]
by kinako1226 | 2006-11-26 22:43 | ね こ

読書週間 その2

読み聞かせに使った絵本を二冊紹介します。
どうぶつ句会
あべ 弘士 / 学習研究社

白いフクロウの「雪野 袋」さんをはじめ鳩・キツネ・ゾウ・カワウソ・ハリネズミの6匹の動物たちが四季を通して俳句を披露してくれる絵本です。

始めに句会の代表の「雪野 袋」さんが俳句の説明を簡単にしてくれるので俳句をしらない子供たちでも大丈夫。「えっ、これって俳句?」というようなものも多々あるけど、だからこそ「私にもできるかも?!」って気分にさせてくれます。2年生の次女でも作ってました(^^)あべ弘士さん独特の愛嬌ある動物と四季の絵が面白いですよ。


そして以前から使ってみたいと思っていたbon-bon-hirobonさんの「ちいさなザマミロ」も読んでみました。
聞き手は二人の子供でしたが周りがちょっと騒がしかったにもかかわらず集中して聞いてくれました。ただ休み時間終了のベルが鳴ってしまったので最後があわただしくなってしまいました(-_-;)次回、また読んでみます!
サークル仲間には「家族全員がモンスターだった!」というのがとてもうけて「絵本になればいいのにねぇ」と言ってました。



今学期の読み聞かせは「時間切れ」が多くてすごく反省してます(-_-;)
[PR]
by kinako1226 | 2006-11-24 12:21 | 小説・絵本

気になるわ~

b0025066_23353031.jpg

最近、二階のベランダにお出かけするようになったあんこちゃん。
エアコンの室外機を足場に手すりに上ります。
そこから見えるお隣がものすご~く気になるみたいです。
[PR]
by kinako1226 | 2006-11-22 23:44 | ね こ

読書週間 その1

2学期の読書週間が終わりました。
今回も何度か読み聞かせをさせてもらいましたが
その中から2冊紹介します。
えんぴつはかせ
山岡 ひかる / 偕成社

まさるの持っているえんぴつがある日、勝手に動いて計算をしたり漢字を書いたりするようになった!
えんぴつは自分のことを「はかせ」と読んでほしいと言う。
最初は勉強しなくてすむと喜んだまさるだが次第に「はかせ」と一緒に勉強するようになり楽しくなってきた。
ところが気がつくと鉛筆である「はかせ」は短くなっていた。このままでは「はかせ」は無くなってしまう。
悩んだまさるはお母さんに相談するが…

4年生と5年生で読んだのですが、小さな絵本のわりには字が多くて結構時間がかかりました。予定時間内に終わらず授業開始のベルがなってしまいあせってしまったので余韻の残る読み聞かせができなかったのが残念でした(T_T)時間配分を誤ってしまって…こどもたちごめんなさい。
でも「えんぴつはかせ」とまさるの掛け合いがおもしろくてクスッと笑ってもらえて良かったです。



ふゆじたくのおみせ―おおきなクマさんとちいさなヤマネくん
ふくざわ ゆみこ / 福音館書店

大きなクマさんと小さなヤマネくんの友情物語のシリーズ。
クマくんとヤマネくんが住むところに冬支度のお店がオープンし、大きなセーターと小さなチョッキが売られていました。
それを見たクマくんはヤマネくんにチョッキを、ヤマネくんはクマくんにセーターをプレゼントしようと密かに思いました。
それぞれのプレゼントを買うためにどんぐりを集めるクマくんとヤマネくん。果たしてどんぐりは上手く集められたのでしょうか…

次女のお気に入りの絵本です。
絵がとても丁寧に細かいところまで描かれていて何度見ても楽しいです。
クマくんとヤマネくんのお互いを思いやる気持ちが素敵ですね。
大きめの絵本なので読み聞かせには最適かなと思って1年生で読みました。皆静かに集中して聞いてくれました(^^)
[PR]
by kinako1226 | 2006-11-22 18:26 | 小説・絵本

早いものですね

久しぶりの投稿です(^_^;)
今月は始まりから鼻炎と風邪がカブってちょっと辛い思いをしたかと思うと
次々に家族も鼻炎&風邪にかかり、ダンスや和太鼓の発表会があり読書週間があり
仔猫がやってきて…とってもバタバタと忙しい。
気がつけばもう11月も終わりに近い(@_@)

b0025066_11353599.jpgスーパーに行けばもうクリスマスソングが流れていてビックリです。
そして昨日、早くもバーゲンに行ってまいりました。
この他にもブーツやチュニックやスキニーetc
欲しいものは山積み…

お値打ちだったけど金額は張ったので専業主婦としては今シーズンのバーゲンはこれでお仕舞いかな(-_-;)
[PR]
by kinako1226 | 2006-11-22 11:44 | わたし

新しい家族です(=^・^=)

b0025066_1441180.jpg
漸く子猫ちゃんが我が家にやってきました。
名前は「きなこ」の次の仔だから「あんこ」です。女の子です♪

同じ市内に住んでいらっしゃる方から貰い受けました。
もう、20匹以上も仔猫たちの里親をお世話していらっしゃるベテランです。
貰いに行ったとき「あんこ」をとても愛おしそうに抱いてケージに入れられたのが印象的でした。

今ではすっかり我が家に馴れた「あんこ」ですが
貰い受けた当日はケージからだすなり家中を逃げ回り、どこかに隠れてしまって探すのに苦労しました。
夜中も寂しいのか、元の家に帰りたいのかすっごく大声で鳴くんです。
本当に大きな声で私は眠れなくて「ずっとこのままだったらどうしよう…」と心配でした。

2日目からは子供たちと遊ぶようになり夜は主人以外の誰かの布団にもぐりこんでぐっすり寝てくれます(^^)
きなこはおばあちゃんだったから大人しくてのんびりしていましたが流石にあんこは仔猫だけあって元気一杯なんです。
テレビの上を歩いたり階段を一段飛ばしであがったり、ベランダの手すりを歩いて落ちないかハラハラさせられたり…昨日は台所のシンクの中に入って出しパックをくわえてでてきちゃったんです(笑)
本当にいたずらっ子でびっくりしてしまいます。

娘たちは毎日学校から帰ってくると「あんこは?」と取り合いで遊んでます。
あんこをめぐって姉妹喧嘩が絶えません(^_^;)こっちの方が大変だわぁ

「あんこ」です。
[PR]
by kinako1226 | 2006-11-10 14:41 | ね こ

猫探しで思うこと

今回「猫を飼おう」と思い立って「誰かに貰えばタダよね」というケチケチの考えで猫探しを始めました。
PCにかじりつくこと数日…たくさんの「里親さがし」サイトがありました。
ボランティアでやっているとはいえきちんと組織立ってされている方から一般の個人でされてる方までたくさんいらっしゃるんです。
大体が捨て猫や野良猫を保護して里親を探すわけですが
きちんと獣医さんで健康診断を受けている仔もいれば見た目で「健康」と判断されている仔もいます。
貰う方としては診断を受けている方が安心ですが診断をうけるのもタダじゃないので仕方ないかなと思います。

いろいろ探していくうちにわかったのは捨て猫たちの可愛そうな現状でした。
北海道の寒空の中、目も開かないうちに段ボール箱にいれて捨てられ死んでゆく仔猫。
街中で虐待をうけつつも餌をもらって生きている猫たち。
ネットに入れられて処分場で殺される猫たち。決して安楽死ではないそうです。

それとは対照的に、先日行ったペットショップでは1匹10万円以上の猫が販売されていました。
お店の人は「今日は可愛いアメリカンショートヘアの仔猫がはいったんですよ」と愛想よく仔猫をみせてくれましたが、かごにいれられて鳴く彼らがあまり幸せそうには思えませんでした。
私の仲の良い友人にも犬猫の血統を重んじる人はいますが、「命」をお金で売買するのはとても悲しい事のように思えてなりません。

そんな事を家族に話すと「また母ちゃん、猫の不幸をひとりでしょってるような気持ちになって」と笑われます。
「命の売買は人間の傲慢さからくることだ」と主人は言います。
だからって猫の里親になろうとしている自分が偉いと思っているわけじゃありません。
だって、虐待されて片目になった仔やエイズの陽性反応がある仔は敬遠してしまうんですから。結局自分も傲慢な人間なんだなと感じます。

おりしも猫きなこが所属していた巨猫団の管理人えゐち殿が庭猫の里親探しを始められました。(http://niwanekobu.seesaa.net/)
近郊の方是非一度、御覧になって下さい。
[PR]
by kinako1226 | 2006-11-04 08:29 | ね こ